社団法人 鶴岡地区医師会鶴岡市立 湯田川温泉リハビリテーション病院
ごあいさつ

武田院長


院長
 武 田 憲 夫

 当院は、昭和52年(1977年)に開設された国立療養所湯田川病院が、平成13年(2001年)3月、国の国立病院・療養所再編計画で鶴岡市に委譲され、「鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院」となり、社団法人鶴岡地区医師会が運営を委託されて今日に到っております。

 当院の機能は、急性期病院での治療だけでは自宅退院や社会復帰出来なかった患者さんのため、リハビリテーションを提供し自宅退院や社会復帰を目指す医療(「回復期リハビリテーション病棟」)と、疾病が長期化したり重度の障害のために医療処置が必要な患者さんのための慢性期医療(「療養病棟」)、さらには外来通院によるリハビリ(デイケア)(介護保険認定が必要)などを行っています。昨今、日本では高齢化社会が進み、脳卒中、認知症、転倒などによる骨折などの疾患が増えてきております。これら患者さんは発症初期には急性期病院で治療が行われますが、急性期治療が終わった時点で社会復帰出来ない、自宅退院出来ない患者さんを必要に応じて当院がお引き受けし、患者さんの病状に応じたリハビリテーション、回復に向けた治療を行います。また、当院では、医師、看護師、リハビリスタッフ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)、介護士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士など様々な医療スタッフがそれぞれの専門分野を分担し、入院患者さんには1年365日のリハビリテーションを提供し、病院一丸となって患者さんの回復に向け努力しております。

 また、患者さんの回復には、医療スタッフの力ばかりではなく、ご家族の励まし、ご協力や患者さんご本人のお気持ちも大切な要素ですので、ご家族や患者さんご本人に、希望と元気が持てる医療、病院生活の提供を目指しております。



ひとつ前のページに戻る トップページに戻る
●ごあいさつ ●基本方針 ●病院案内 ●リハビリテーション
●病棟案内 ●デイケア室案内 ●地域医療連携室 ●入院・外来案内
●職種紹介 ●看護部・リハビリ部紹介 ●職員募集 ●個人情報保護方針
●日本医療機能評価機構認定 ●クリニカルインディケーター ●交通アクセス ●リンク集