社団法人 鶴岡地区医師会鶴岡市立 湯田川温泉リハビリテーション病院
    
食堂が広がるとともに、食後の洗面台も増やし、倉庫も新設


患者食堂の拡張

 1階・2階・3階の患者食堂については、車椅子利用者の増加などに伴って手狭となったため、平成30年度からの2ヵ年事業として整備が行われ、図面のとおり、各階とも南側へ拡張され(1階〜3階まで各々69.06u、合計207.18u)、今年7月上旬に完成しました。この拡張整備によって食堂が広くなるとともに、洗面台が増設され、また新たに「倉庫」が整備されました。

拡張に伴って充実されたこと

◆食堂の拡張・・・
これまでは食堂が狭かったため、少し窮屈なスペースの中で患者さんが食事をしていましたが、広くなったことで、食堂の中でゆっくりと落ち着いて食事をすることができるようになりました。
◆洗面台の増設・・・
これまでの2ヵ所から5ヵ所に増えたことで、食事が終わった患者さんから順次、スムーズに歯磨きを行うことができるようになりました。
◆倉庫の新設・・・
保管場所に苦慮していた車椅子などを始め、ナースステーションから離れた場所の倉庫に保管していたセンサー類や医療機器などを新設された倉庫に格納できるようになり使いやすくなりました。

拡張部分の外観 食堂の拡張されたスペース
増設された洗面台 倉庫




ひとつ前のページに戻る トップページに戻る
●ごあいさつ ●基本方針 ●病院案内 ●リハビリテーション
●病棟案内 ●デイケア室案内 ●地域医療連携室 ●入院・外来案内
●医師紹介 ●職種紹介 ●看護部・リハビリ部紹介 ●職員募集
●個人情報保護方針 ●日本医療機能評価機構認定 ●クリニカルインディケーター ●交通アクセス
●リンク集